Google

ビオチン

ここに書かれている療法は病気の診断・治療、症状の改善を目的とするものでなく米国、日本で報告されたものをまとめたものです。

病気診断治療を目的とする場合は医師にまず相談ください。

私どもの顧問医師を紹介する場合や適切な医師を紹介することもあります。

ビオチン

正常な成長および身体機能に必要な水溶性のビタミンです。
ビオチンは糖新生、脂肪酸合成、そしていくつかのアミノ酸の新陳代謝の重要なキー要素です。
エネルギー生産におけるその役割に加えて、ビオチンは、あるタンパク質の合成を増強します。さらに、ビオチンは正常な免疫を促進し、皮膚健康に重大な役割を果たします。*
近年ビオチンが欠乏すると糖、脂質、アミノ酸代謝が障害され、免疫機能にも異常が起こることが分かってきました。
免疫異常により多く作られたIgAが手掌や足底の表皮の分厚い皮膚細胞に沈着した場合が「掌蹠膿疱症」で、骨膜や関節にまでも沈着した場合が「掌蹠膿疱症性骨関節炎」です。
また、IgAが普通の皮膚細胞に沈着した場合「尋常性乾癬」になるばあいもかんがえられます。
「アトピー性皮膚炎」の患者はビオチンの欠乏によって表皮バリアの脂肪成分に異常が起こっている場合も有り水分が逃げやすくなっています。

ビオチン治療を続けることで免疫機能が正常化し、膿疱症や乾癬、アトピー性皮膚炎に使われています。また、ビオチンは本来体の中にあるビタミンなので副作用は認められません。

キャンペーン

自然療法
エドガー・ケイシー療法