Google

エドガーケイシー療法:にきびの概観

ここに書かれているエドガーケイシー療法は病気の診断・治療、症状の改善を目的とするものでなく米国、日本で報告されたものをまとめたものです。

病気診断治療を目的とする場合は医師にまず相談ください。

私どもの顧問医師を紹介する場合や適切な医師を紹介することもあります。

1.生理的な問題

にきびは特に脂腺の慢性の炎症性の病気として脂腺にもかかわらず、以上の炎症性の病気として記述されます。顔、後部、および胸の上に最も頻繁に起こります。
にきびを起こすボディーに起こる基本的な生理的な不調はボディーの排泄システムの不均衡です。
この不均衡の生産で役割を演じることができる数個のメカニズムがあるが、消去法がその時平衡を失うように(主に肝臓と腎臓を通るこれらの存在)なると、浅薄な流通はdrossesと腸管のチャンネルで排除されるべきであった新陳代謝の最終生産物の過剰を運びます。
これが障害物に関して順番に持って来る、そして、その後の炎症が皮膚の脂腺に起こっている浅薄な毛細血管と小さいリンパ管の騒動。

eliminative不均衡を引き起こすいくつかの要素が深くて浅薄な流通と、期間の初潮(月経を始めて)の不適当な食事と、神経質な緊張と抑制の恐怖の間の「不−コーディネート」です、そして、困難の腺の反応とゆるやかなビルは腺と流通に関連しました。
循環の「不−コーディネート」は頻繁に背中の怪我によって引き起こされます。
優しい気質についてさえ(それは、深い循環と浅薄な循環のコーディネートを制御するセンターが場所を見つけた自律神経系の神経節脳脊髄の人々の騒動を引き起こすことができました)、浅薄な流通は窮境と周囲のボディー構造を供給するが、深い流通はボディーの内部の部分の器官と機能部分まで行きます。

場合[78]では、7番目、8番目、および9番目のdorsalsへの負傷は主要な要素でした。
興奮によって引き起こされる発汗は背部のセンターでのいらだちの発案でした。
このいらだちで、どんなoverexcitementも、その結果、浅薄な流通にあまりに多量の血液を向けながら、完全な流通(標準よりむしろ)のための極端な電話をかけます。
毛細血管と小さい腺病質は、まるで過度の発汗を起こしながら、完全になり過ぎます。
不活発な消去法は、不純を浅薄な流通に持って来て、その結果、「不愉快であり」、リンパ循環が容易に体の表面に達するそれらの場所で起こっているように記述されたにおいを生産します。
この特定の場合では、圧力における重い食事は適切な輸血用血液を持っていないと消化力が完全な動きに運び込む位置に食物を入れます。
これは、外部の血液をボディーの中央の部分に向かって持って入って、この様に混雑を引き起こします。特にlactealsがかかわったそれらを通して、これは順番に結果の便秘で妨害された除去を引き起こす反射を起こします。
大腸のコンテンツの毛細血管理解力は結果として生じます、そして、この様に、腸を通って出て行くべきであった物質がある脈管系のローディングは行われます。
次に、皮膚は、過度に排泄するのを試みます、そして、これは時間と状況のゆるやかな過程として炎症を発生させます。
時々、過程を促進して、激化させるだけである腸の壁の薄くなることがあるかもしれません。

2.療法の原理

療法にアプローチする際に、我々は、ボディーには 正規曲線の能力があるのを覚えているべきです.

したがって、我々はこれらの部分を通る通常の反応をもたらすそれらの活動を管理するでしょう。それらをボディー自体から活動に他の部分、またはシステムにおける活動を起こすために要素を受けながら部分からシステムを奪っている物資か、より正常な状態のシステム自体の活動をそそらないで供給される化学反応に依存するようになるボディーよりむしろ刺激します。
(1968−3)

およそ5つの主要な結果を持って来るのはにきびの場合における療法に向けられるべきです:

実質に働く力の振動の浄化。(実質に働く力は腸の薄い壁の標準に回復を含むでしょう)

それらを標準にもたらして戻す脳脊髄のセンターとそれらの振動の修正。 また、これはにきびで頻繁に妨害される浅薄で深い循環系のコーディネートを引き起こすでしょう。

除去システムの肝臓、腎臓などの腺の浄化。これらの器官のバランスと便秘の修正と下側の腸の困難。

循環の必要性と除去システムに合っている食事。

皮膚を支援する地方の療法。

3. 示された治療法の養生法

  1. 振動の実質に働く力を清めて、より良いように変化を引き起こすためにある意味で行動して、以下の処方箋は、一層の処理(食事と地方の療法は別として)の前に続かれて、それについてすべて、使用されるべきです。

    硫黄、1本のテーブルスプーン

    ロッシェル塩、酒石の1本のテーブルスプーンCream、1本のテーブルスプーン

    これらを非常に徹底的に混ぜます。 次に、毎朝、どちらか水にこの混合物の平らな茶匙を取ってください、またはどんな食事も取られる前に乾きます。

  2. 脳脊髄のコントロールセンター、自律神経、および交感神経節をそれらの適切な状態に持って来るために、整骨療法の療法は、塩が使用された後に設けられるべきであるが、しばらく上側の背部の領域にわたっておよそ15分について後部に短波diathermic処理に続くだけであって、与えられるべきです。
    これらの2つの処理の組み合わせはしばらく1週間に2度使用されて、次に、7週間について、1週間やめられるべきであることで、次に、もう1サイクルがただ説明される理学療法と操作によって再び続かれる塩を使用し始められるべきであるということであるべきです。 後で3番目のコースを利用することができました。

  3. 塩があるオリジナルの療法が終わった後にemunctoryシステムの腺のバランスをとること(eliminative器官)を引き起こすことができました。
    コカコーラは腎臓とぼうこうのための浄化かはっきりさせる物質として示されます。 ソフトドリンクより薬と水が(炭酸でない)でこれは取られるでしょう。
    便秘を救う様々な方法は利用されるべきです−10日間毎日取られて、次に1週間やめられる粉のイーストか固形イーストがそのような療法の示された1つでしょう。

以下の地方の処理と食事は患者に与えられるかもしれません。
さらに、油の組み合わせは皮膚の中にマッサージすることができた読書で示されました。恐らく、薬用クリームかローションと交替します。
カンフルで処理油2が離れて、アメリカマンサクが一部であり、Nujolは一部です。

実質に働く力の浄化を引き起こすのに使用される他の物質は場合[528]と[78]で見られます。 これらの使用は療法を管理する医師の判断次第でしょう。
腺のバランスを引き起こすのに同様にAtomidineを使用することができます。 これらの2つの読書がにきびのCirculating Fileの一部です。

我々は、神の存在への内側の力に目を覚まさせるのを試みるべきではありませんか?
「すべての回復が1つのソースから来る」
「そして、食物、運動、薬、またはナイフさえの利用があるか否かに関係なく、再生する際にその援助をボディーの中の力の意識に持って来ることになっている、自分たち、創造的であるか神力の認識」
(2696−1)

[注意:前の概観は、ウィリアムA.McGarey、M.D.によって書かれて、 PhysicianのReference Notebook、エドガーCayce財団によるCopyright © 1968、ヴァージニアビーチ(VA)から抜粋されます。]

 

推薦

 

地方の処理:

1日に2度処方された石鹸による洗濯。 下に徹底的にすすぐ、そして、乾いています。 薬用クリームかローションの薄いフィルムを適用します。

にきび傷害を選ぶのは推薦されません。
代わりに角氷を取ってください、そして、布の中にそれを包装してください、そして、数分間立方体の角で傷害を凍らせてください。2回か1日あたり3回。
これはちょうど現れた傷害に最もよく働いています。

 

国会:

固形イーストか乾燥酵母のパケットを取ってください、そして、8オンスのトマトかV−8ジュースと融合します。 (願うならば、あなたはotherjuicesを使用することができます。)
ライムジュースとウスターソースのダッシュはV−8ミックスにおける小さいピリッとする味を加えます。 10日間1日に一度取ります。
その時、1週間止まって、繰り返します。

ソーダファウンテンからいくらかのコカコーラシロップを入手します。 1度か1日に2度、淡水のグラスに1杯の茶匙を取ります。

チョコレートでない、砂糖でない、アイスクリームでない、ペストリーでない、パイでない、またはキャンディがありません。

ダイエット・ドリンクを含む炭酸飲料がありません。 ビールでないエールがありません。

豚肉でないハムがありません。しかしながら、許容されるパリパリしているベーコン。

限界は1食事あたり1つに糊付けします:パン、米、じゃがいも、スパゲッティ、とうもろこしなど どんな白パンも食べられるべきではありません。

いため物がありません。これはFritosとポテトチップを含んでいます。

野菜はあなたに良いです。多くのサラダ、野菜スープは野菜を料理しましたか?
サラダドレッシングは問題ないです。

果実は生のりんご、いちご、およびバナナを除いた、旬の罰金です。

肉:特に推薦されているのは、ラム、魚、鶏です。赤身の牛肉は問題ないです。

ミルク(拾い読みする)、卵、およびチーズは許容されます。


注意:上の情報は自己診断か自己処理のために意図されません。 援助のためにCayce Health Databaseに含まれる情報を適用する際に適任の健康管理専門家に相談してください。


H.R.R.C.

健康若返りとリサーチセンター

ResearchとEnlightenment, Inc.のためのAssociationの分割

215 第67通りヴァージニアビーチ、VA 23451-2061
電話: (757) 428-3588 ext。 7340

以下で我々に電子メールしてください。 hrrc@edgarcayce.org

Copyright2000A.R.E.R、株式会社All rights reserved。
エドガーCayce Readings c1971、1993、1994、1995、1996
エドガーCayce財団で。

内容

Health and Rejuvenation Research Center

Cayce Health Database

OVERVIEW OF ACNE

1. Physiological Considerations

Acne is described as an inflammatory disease of the sebaceous glands but more particularly as a chronic inflammatory disease of the sebaceous glands, occurring most frequently on the face, back, and chest. The basic physiological malfunction occurring in the body which gives rise to acne is an imbalance of the eliminating systems of the body, although there are several mechanisms that can play a part in the production of this imbalance. When the eliminations become unbalanced - these being principally through the liver and the kidneys - then the superficial circulation carries a plethora of drosses and metabolic end products which should have been eliminated through the channels of the intestinal tract. This in turn brings about a clogging and a disturbance of the superficial capillary and small lymphatic vessels with subsequent inflammation occurring in the sebaceous glands of the skin.

Some factors causing the eliminative imbalance are incoordination between the deep and superficial circulation, improper diet during the period of menarche (beginning of menses), nervous tensions and suppressions of fears, and glandular reactions and the gradual building of difficulties related to the glands and circulation. Circulatory incoordination is frequently brought about by back injuries, even of a mild nature, which could bring about disturbance of those cerebrospinal centers located in the ganglia of the autonomic nervous system which control the coordination of the deep and the superficial circulations. The deep circulation goes to the organs and functioning portions of the internal part of the body while the superficial circulation supplies the extremities and the peripheral body structures.

In case [78], an injury to the seventh, eighth and ninth dorsals was the primary factor. Perspiration, induced by excitement, originated with the irritation in the dorsal centers. With this irritation any overexcitement makes an extreme call for full circulation (rather than the normal) thus directing too much blood to the superficial circulation. The capillaries and small lymphatics become too full, as it were, producing the excessive perspiration. Inactive eliminations bring impurities to the superficial circulation and thus produce odors which were described as being "obnoxious" and happening in those places where the lymphatic circulation reaches the surface of the body easily. A heavy meal under stress, in this particular case, puts the food in the position of not having adequate blood supply to bring the digestive forces into full action. This brings the external blood in toward the central portions of the body and in this manner causes congestion, especially through those lacteals involved. This produces in turn a reflex which brings about a disturbed elimination with consequent constipation. A capillary uptake of the contents of the large bowel results, and in this manner a loading of the vascular system with substances which should have passed out through the intestines takes place. The skin then attempts to eliminate excessively and this produces the inflammation as a gradual process of time and circumstance. On occasion there may be a thinning of the walls of the intestine which only promotes and intensifies the process.

2. Rationale of Therapy

In approaching therapy, we should remember that the body has a capability of normal function:

Thus, we would administer those activities which would bring a normal reaction through these portions, stimulating them to an activity from the body itself, rather than the body becoming dependent upon supplies that are robbing portions of the system to produce activity in other portions, or the system receiving elements or chemical reactions being supplied without arousing the activity of the system itself for a more normal condition. (1968-3)

Therapy in the case of acne should be directed at bringing about five principal results:

A purification of the vibration of the body forces, which would include a restoration to normal of the thin wall in the intestine.

A correction of the cerebrospinal centers and their vibrations, bringing them back to normal. This would also bring about a coordination of the superficial and deep circulatory systems which is frequently disturbed in acne.

A cleansing of the glands of the elimination system such as the liver, kidney, etc.; a balance of these organs and a correction of constipation and difficulties of the lower bowel.

A diet in accord with the needs of the circulatory and the elimination systems.

Local therapy to aid the skin.

3. Suggested Therapeutic Regimen

  1. Acting, in a sense, to purify the vibrations of the body forces and to bring about a change for the better, the following prescription should be followed and all of it used prior to further treatment (aside from diet and local therapy):

    Sulphur, 1 tablespoon

    Rochelle salts, 1 tablespoon Cream of tartar, 1 tablespoon

    Mix these very thoroughly. Then take a level teaspoonful of this mixture each morning, either in water or dry, before any meal is taken.

  2. In order to bring the cerebrospinal control centers, the autonomic, and the sympathetic ganglia to their proper condition, osteopathic therapy should be instituted after the salts have been used but should be given only following a short-wave diathermic treatment to the back for a period of approximately 15 minutes over the upper dorsal area. The combination of these two treatments should be used twice a week for a period of seven weeks, then should be left off for one week, then another cycle should be started using the salts again followed by the physiotherapy and manipulation just described. A third course could be utilized later.

  3. A balancing of the glands of the emunctory system - the eliminative organs - could be brought about after the original therapy with the salts has ended. Coca-Cola is suggested as a purifying or clarifying substance for the kidney and bladder. This would be taken more as a medicine than as a soft drink and with water (not carbonated). Various methods of relieving constipation should be utilized - powdered yeast or yeast cake taken daily for ten days and then left off a week would be one such suggested therapy.

The following local treatment and diet may be given to patients. In addition, a combination of oils was suggested in the readings which could be massaged into the skin, perhaps alternating with a medicated cream or lotion: camphorated oil two parts, witch hazel one part, Nujol one part.

Other substances used to bring about a purification of body forces are seen in cases [528] and [78]. Use of these would be up to the judgment of the physician administering the therapy. Atomidine likewise can be used to bring about a glandular balance. These two readings are part of the Circulating File on acne.

Should we not attempt to awaken the inner forces to God's presence? "For, all healing comes from the one source. And whether there is the application of foods, exercise, medicine, or even the knife, it is to bring the consciousness of the forces within the body that aid in reproducing themselves-the awareness of creative or God forces." (2696-1)

[Note: The preceding overview was written by William A. McGarey, M.D. and is excerpted from the Physician's Reference Notebook, Copyright c 1968 by the Edgar Cayce Foundation, Virginia Beach, VA.]

Recommendations

Local Treatment:

Wash with prescribed soap twice a day. Rinse off thoroughly and dry. Apply a thin film of medicated cream or lotion.

Picking acne lesions is not recommended. Instead take an ice cube, wrap it in a cloth, and freeze the lesion with a corner of the cube for several minutes, two or three times a day. This works best on lesions which have just appeared.

Diet:

Take a yeast cake or a packet of dry yeast and blend into eight ounces of tomato or V-8 juice. (You may use otherjuices if you wish.) A dash of lime juice and Worcestershire sauce adds a little tang in the V-8 mix. Take once a day for 10 days. Then stop for a week and repeat.

Obtain some Coca-Cola syrup from a soda fountain. Take one teaspoonful in a glass of plain water once or twice a day.

No chocolate, sugars, ice cream, pastries, pie, or candy.

No carbonated drinks, including diet drinks. No beer or ale.

No pork or ham. Crisp bacon allowed, however.

Limit starches to one per meal: bread, rice, potato, spaghetti, corn, etc. No white bread should be eaten.

No fried foods. This includes Fritos and potato chips.

Vegetables are good for you. Have plenty of salads, vegetable soup, cooked vegetables. Salad dressing is all right.

Fruits are fine in season except raw apples, strawberries, and bananas.

Meats: Especially recommended are lamb, fish, fowl. Lean beef is all right.

Milk (skim), eggs, and cheese are allowed.

 

Note: The above information is not intended for self-diagnosis or self-treatment. Please consult a qualified health care professional for assistance in applying the information contained in the Cayce Health Database.

H.R.R.C.

Health Rejuvenation and Research Center

A division of the Association for Research and Enlightenment, Inc.

215 67th Street Virginia Beach, VA 23451-2061

Telephone: (757) 428-3588 ext. 7340

E-mail us at: hrrc@edgarcayce.org

Copyright 2000 A.R.E.R,Inc. All rights reserved.

Edgar Cayce Readings c 1971, 1993, 1994, 1995, 1996

by the Edgar Cayce Foundation.

{content}

キャンペーン

自然療法
エドガー・ケイシー療法