Google

一価不飽和脂肪酸

ここに書かれている療法は病気の診断・治療、症状の改善を目的とするものでなく米国、日本で報告されたものをまとめたものです。

病気診断治療を目的とする場合は医師にまず相談ください。

私どもの顧問医師を紹介する場合や適切な医師を紹介することもあります。

一価不飽和脂肪酸

アーモンドオイル、アボガドオイル、キャノーラオイル、オリーブオイル、ピーナッツオイル

広範囲にわたる料理の温度に適応するこれらの油、オリーブオイル、キャノーラオイル、ピーナッツオイルは非常に普及しています。

一価不飽和の脂肪酸は、大量の一価不飽和脂肪酸(MUFAs)を含む。

一価不飽和脂肪酸(MUFAs)と名付けられたのは、炭素鎖中に1つの二重結合の存在のために、脂肪酸が水素による添加がされないためです。

冷蔵されるとき、一価不飽和の脂肪は凝固するが、室温で典型的に液体である。

種類一価不飽和脂肪酸は、以下を含む:

買ったり、保存するときの情報

料理油は熱、光と酸素にさらされるとき、酸敗するようになる。

結果として、これらの方法を使用する油経過は、栄養的な内容、保管寿命と油の品質に影響を及ぼす。

高品質料理油の選択は、食品製造業者が述べる料理油が加工される方法を記載するために使用する用語がわからない限り、チャレンジでありえるのです。

料理油を購入するとき、ラベルをチェックして、摘出方法、精製しているかしていないか?を注意することは重要です。

可能な場合はいつでも、エクスペーラー(日本にはない低温抽出法)された、精製されてない油(下記の定義を見る)を選択してください。

耐光性のプラスチック容器または濃褐色であるか緑のガラス容器の油を選択してください。

摘出方法

機械的な(エクスペラー)摘出

機械的な摘出の間、エクスペラープレスは、油を抽出するために、種、ナッツや野菜のタネを破砕する。

この押圧は強い圧力下でされて、85〜93.3度まで、油の温度を上げる。(条件によりにより30度以上にあがるのを防ぐことができる(概して、ナッツと種は、エクスペラーの搾油機にいれる前に、(120度)まで加熱される。

加熱は、押圧をより効率的にする。

製造業者のあるものは、付加的に外での加熱なしに抽出された油を典型的な「コールドプレス」オイルとした言葉遣いで使用しています。

この用語はまた、冷水をエクスペラー搾油機に通され油の温度上昇からを保つときにも使用されます。

しかしながら、どこも「コールドプレス」そのような油を法律的にまた結び付けている定義する物はなく、押圧間の温度がかなり高い時でさえラベルが貼られるかもしれない。でも信頼できるメーカー例えばコーシャのOUマークは選択に値する。

溶剤抽出

溶剤抽出は油抽出の方法でより効果的完全な方法です、そのため大きな料理油製造業者の好ましい方法である。

溶剤抽出の間、ナッツと種に油を露出させるためにひびを入れ、溶媒(概してヘキサン)を含んでいる化学溶液と混合させる。

溶媒は、油をナッツまたは種から引き離す。(日本では油にヘキサンを抽出せずと規定されているが検出限界まで触れていない。)

油溶解力のある混合物は、それから、溶媒を外へ蒸発させるために、約300F(150度)まで加熱される。(140度以上になるとトランス型脂肪酸が多く存在するようになります。ヨーロッパでは2%以下にすることが規定されているが日本では規程されていない。)

精製方法

精製されてない油

一旦油が抽出されると、(機械的であるか溶媒抽出を通してどちらでも)ならば、洗練されてないように、製造業者は単に若干の不純物を除去して、それを精製していないとして販売する可能性がある。

精製されてない油は、その自然の香りと芳香と色と多くの自然できている栄養分がいっぱい残っています。

精製した油

抽出油の貯蔵寿命を広げる、一部の製造業者は油を精製する。

精製することは40もの異なる段階、脱色、脱臭,脱ガムも含む、多くのものも含む。

精製した油はきれいで、無臭で、精製されてない油より味わいがなくて、高温料理によりふさわしい。

オリーブ油を購入するとき、「エキストラバージン」「バージン」とラベルをつけられる油を選んでください。バージン・オリーブ油はオリーブを最初にしぼって作られて、精製されてない油です。

その結果、これらの油はより味わいがあってより健康的である。

キャノーラ、オリーブとピーナッツオイルを冷蔵庫の中かまたはほかの涼しく、暗い場所で保管してください。

冷蔵されるとき、オリーブ油は硬く、白い剥片を発する傾向がある。

一旦油が室温に置くならば、これらの剥片は味または油の品質を変えなくて、消える。

油入手の可能性

広く多種類の油は、大部分の食品雑貨店で入手できる。

製品、使用、情報

それらの安定した化学性質、一価不飽和脂肪酸は低温、中温、高温調理で安定している。

オリーブ油、芳醇な香りに富み、マリネー、ソースとサラダドレッシングでしばしば使われる。

キャノーラ油はより優しい芳香をもち、そして、焼くのにいい。

ピーナッツオイルが、アジアの料理で、そして、サラダドレッシングとソースにしばしば使われる。

栄養的なハイライト

キャノーラ油(15mL)
カロリー 124
蛋白 0.0 g
炭水化物 0.0 g
総脂肪 14 g
繊維 0.0 g
ビタミンE[いい供給源] 3.0 IU
オリーブ油(15mL)
カロリー 119
蛋白 0.0 g
炭水化物 0.0 g
総脂肪 13.5 g
繊維 0.0 g
ピーナッツオイル(15mL)
カロリー 119
蛋白 0.0 g
炭水化物 0.0 g
総脂肪 13.5 g
繊維 0.0 g

食品は特定の栄養分として推薦される一日の値は20%かそれ以上のすばらしい源泉です。

食品は推薦される一日の値は10〜20%の間に特定の栄養分のいい源泉野備えを持ちます。

健康の利益と関連

アテローム硬化症の人々でα‐リノレン酸(ALA)(それはアブラナと亜麻仁油で見つかる)を食事で高単位で取るひとのは低単位て取る人々より高いω−3脂肪酸の血液濃度を持つ。

これは、アテローム硬化からのいくらかの保護を与える可能性がある。

1994年に、研究者は「地中海式」ダイエットと呼ぶものを使用して、心臓病の既往歴で、人々の研究を実行した。

食事は、それがほとんどオリーブ油を含まなかったという点で、地中海の国からの人々が実際に食べるものと、かなり異なった。

その代わりに、食事はALA(ガンマーリノレイン酸)分が高い特別なマーガリンを含んだ。

「地中海式」ダイエットに割り当てられるそれらの人々は、最初の27ヵ月の間に対照群と比較して心臓病で死亡する著しい70%のリスク減少を持った。

類似的な結果は、また、ほぼ4年後に確認された。

食事は、豆とエンドウ、魚、果物、野菜、パンと穀類で、そして、低く肉、酪農脂肪と卵子で高かった。

著者が食事の高いALA含有量が部分的に驚くべき結果の原因となったと考えているにもかかわらず、食事の他の側面は部分的にまたは全くさえ減少した死亡率の原因となる可能性があった。

従って、「地中海式」ダイエットの成功は、ALA(ガンマーリノレイン酸)が心臓病から保護するということを証明しない。

甲状腺機能亢進

ある食品、例えばアブラナ(カノーラ油を作ったものである)は天然の作用を持つものを含み、そして、甲状腺ホルモン合成のじゃまをする「甲状腺腫誘発物質と呼ばれている。

これは甲状腺機能低下性の状態を理論的に生じることがありえた、しかし、それは人間で示されなかった。

健康利点とこの食物と関連する油脂

多くの健康利点と懸念は、この食品が他の油脂に適用できる。

完全な説明のために健康利点と油脂に対する懸念について読みなさい。

キャンペーン

自然療法
エドガー・ケイシー療法