Google

協和のアガリクス茸 仙生露

本物の仙生露を約20%〜35%以上割引、安くて長期御使用でも心配なし

「協和のアガリクス茸の安全性について」

先日、『中国産のアガリクス茸』の健康食品を飲用した60歳代の男性が昨年11月、劇症肝炎を発症して死亡したというセンセーショナルな新聞記事が掲載されました(2004.4.12読売夕刊ほか)。

この記事によると、厚生労働省としては「アガリクス茸との因果関係がはっきりしていない」とし、事実関係はまだ不明です。

弊社と致しましても、この記事の事実関係を至急調査いたしましたが、男性が飲用していた商品は、弊社商品ではないことを確認いたしました。(弊社の原材料である協和のアガリクス茸は、すべて純国内産です)。

「協和のアガリクス茸仙生露」は、発売以来10周年を迎え、延べ750万人の皆様にご愛飲いただいておりますが、この間、この記事に掲載されているような事例は一切発生しておりません。

弊社では、健康を守るためにお飲みいただくものだからこそ、一般食品以上の安全性検証が重要であるという考え方に基づき、医薬品レベルでの安全性試験を行い、商品の安全性を確認しております。

その一例として、健康食品としては日本で初めてといわれる、国際的な安全性基準であるGLP適合の施設(医薬品の安全性試験適合施設)でラットに対する2年間にわたる仙生露の長期飲用(人間に置き換えると約80年間)による安全性試験を行いました。

この試験において、仙生露飲用後のラットのあらゆる臓器、細胞の検査を行ないましたが、肝機能異常を含め、あらゆる毒性・異常は認められておりません。

またヒトによる安全性試験・臨床試験などにおきましても、肝機能異常などの副作用の報告はありません。

また、「協和のアガリクス茸仙生露」は、日本の健康食品としては初めて、米国の医師用卓上参考書(PDR)に掲載されております。

これは米国においても「協和のアガリクス茸仙生露」の科学的実証に裏付けられた優れた有用性と確かな安全性が評価された結果であるといえます。

「協和のアガリクス茸」の栽培におきましても、多くの独自ノウハウや特許時術を活かしています。

栽培は、日本国内の栽培場で、ダイオキシン、大腸菌、重金属類の混入を徹底的に排除したシステムで、農薬、化学肥料などを一切使用せずに、4ヶ月をかけてじっくりと行なっています。さらに、国際的な食品製造衛生管理システムであるHACCP(ハサップ)に準拠した高度な生産管理体制をとり、安全で高品質な商品「仙生露」を製造しております。

名前は、同じアガリクスであっても、種菌、栽培地、栽培方法、抽出方法、製造方法などによって、その有用性や安全性に大きな違いがあります。

安心、信頼、実績で、連続シェアNo.1の「協和のアガリクス茸仙生露」は、今後も皆様に安心してご愛飲いただける商品づくりに真摯に取り組んでまいります今後とも「協和のアガリクス茸仙生露」をよろしくお願い申し上げます。


只今ABMKー22濃度強化キャンペーン実施中

「仙生露」から確認された、低分子有用成分ABMK−22とは1999年に、協和のアガリクス茸から確認された、新しい低分子の有用成分です。

低分子なので、経口投与による試験(食品としての試験)によっても、免疫系をつかさどる腸管からの吸収が、大変優れていることがわかりました。

◎「ABMK−22」は、協和のアガリクス茸の特許成分として出願済み。

「協和のアガリクス茸仙生露」シリーズのすべての商品に含まれています。

上記30袋入りエキス顆粒のプレゼントは40袋プレゼントと書かれていますが30袋の間違いです。

メーカーが印刷をミスをしたことでお詫びしています。


安くみなさんにお届けするために。がんばります。

値段はそのまま持続します。

発送時間は3時半までは宅急便翌日配送地域のみ翌日指定時間に到着します。

北海道、東北、沖縄、離島は2日見て下さい。

海外の方にも安心して届けることが可能です

金沢大学アガリクスの研究に米国から研究費が出る。

アガリクス茸国産の説明

仙生露の原材料の「協和のアガリクス茸」から画期的な新成分ABMK−22(特許出願済み)

この事実は1999年各種メディアで取り上げられ、β−D−グルカン等の高分子多糖体だけで無い、協和のアガリクス茸の総合的な力量に大きな期待と注目が集まっています。

協和のアガリクス茸のすべての商品はABMK−22を含有しております。


アガリスクは分類名でマッシュルームの親戚です。

ここに揚げているのは協和発酵が食品の安全性を追求し作ったものです。

(仙生露シリーズの特長1)<食品としての安全性・信頼性>

仙生露シリーズのすべての商品は、「協和のアガリクス茸」から生まれています。

「協和のアガリクス茸」の最大の特長は、食品としての「安全性」。天然栽培や露地栽培とは異なり、協和エンジニアリング株式会社が独白に開発した栄養成分の高い培地を使い、雑菌を排除するシステムで栽培されています。栽培室内の温度、湿度もコンピュータによる自動管理。

残留農薬やダイオキシン、O−157などの大腸菌類の混入の心配がありません。だから、安心してお飲みいただけるのです。

(仙生露シリーズの特長2)<特殊製法による安定した品質>

仙生露シリーズの特殊抽出製法、乾燥製法は、1袋の飲用で少しでも多くの成分を吸収していただけるよう配慮して開発されたものです。ご家庭で煎じる場合に比較すると、同量の乾燥茸から数倍以上の成分を抽出しています。また、仙生露は厚生省認定の(ハセップ)を採用した食品工場で生産されています。これにより、雑菌、異物の混入などを未然に防ぎ、国際規格に匹敵する安全な食品をお届けできるのです。しかも、常温で長期間の保存が可能ですから、いつでも安定した品質のものをお飲みいただけます。


(仙生露シリーズQ&A)

Q1.いつ飲むのがいいのでしょうか。

A1.ライフスタイルに合わせて、お好きな時間で結構です。吸収率を考えた場合には、食前・食間をおすすめします。毎日1袋でも欠かさずお飲みください。

Q2.どれくらい飲めばいいのでしょうか。

A2.健康食品ですから特別な定めはありませんが、エキス・顆粒とも1日1〜3袋を目安にお飲み下さい。


エキスタイプ

仙生露たけの濃縮エキスです。

(仙生露エキスタイプの特長)

顆粒タイプ

積極的な健康保持に最適。

(仙生露顆粒タイプ特長)


協和のアガリクス茸 仙生露 エキスロイヤル

ABMK−22(特許出願済み)などの成分の吸収率を高める特殊抽出法と乾燥製法を採用いつも安定した品質の商品をお飲みいただけるように配慮しています。



使用する水の重要さ


アリア[aria]

ミーグウィッチウォターサバー6Lにほんの4〜5滴を入れるだけでミネラルを豊富に含んだ美味しい水が作れます。


スーパーミネラルウォーター「ピッピィSGE」

軟水ですので硬水独特のきしみ感はありません。

軟水ですので硬水独特のきしみ感はありません。

極めて安定性の高いクラスターの小さい水です。

これは各種ミネラルと珪酸を多く含むためこの作用があると思います。

またこの不思議な作用は身体の水分子に共鳴共振運動を起こし大きかった水のクラスターを小さくし各種ミネラルが含まれるための生体に必要な6角水を多く含むようになることは予想されることです。

pHは7.6弱アルカリです。

主な成分(mg/L)
Ca K Mg Na Ge F Se Fe Cu Mn P T-SiO2
7.7 1.1 1.3 6.1 0.03 0.12 0.02 0.05 0.02 0.02 0.025 21

今話題の波動は21の高値をしめします。

14以上は生命の危険性を伴う病気適すると言われています。


立川電解カルシウム


ブラジル産乾燥アガリスク

変な黒さがない変な味がしないで美味しい


姫マツタケ(ヒメマツタケ)エキス顆粒

姫マツタケエキス顆粒基礎データーのしっかりした<岩出101株>

アガリスク・ブラゼイ・ムリル

姫マツタケの詳細情報

この姫マツタケを加工抽出したのが下記商品

販売元:日本ケミファ

技術供与:岩出菌学研究所

菌糸体培養エキス顆粒 5g×30包

製法特許1442647号、1442648号

キャンペーン

商品案内